読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HTCの故郷台湾でのSIMフリー生活Blog

台湾に在住しつつ、HTCの動向を追いかけるブログ

Desire 626のケース・カバー・保護フィルム まとめ

f:id:master-mercy:20151017191946j:plain

Desire626で使用で使用可能な付属品たち

 

保護フィルム

画面を保護するための保護フィルム、傷がついてしまってからでは遅いので、購入したらすぐに貼っておきたいところ。

Desire626でもいろいろなメーカーからいろいろな特徴をもった保護フィルムが発売されています。

 

まずは、 光沢があるタイプ。三枚入りです。

光沢ありの利点は、見栄えがとても綺麗で、ディスプレイで表示されている色をそのまま見ることができるという点だと思います。

こちらの商品は、送料込み880円で3枚も入っています。

もし貼るのをミスしても、予備があるのは心強いですね。

もし貼るときに気泡が入ったり、ごみが入ってしまったときはあせらず、セロハンテープを使いましょう。

セロハンテープで、ごみを取りながら貼るとうまくいきます。

 

 

定番のOverLay 低反射タイプ 

続いて紹介したいのは、OverLay Plusの保護シートです。

このOverLayの保護フィルムは老舗の保護フィルムといってもいいでしょう。

品質が非常に良いです。

耐久性がよいので、長く使うことができます。

安い粗悪な保護フィルムだと、コーティングが剥がれてきてしまって、ギラギラが目立つようになったりします。目にも良くないですね。

このOverLayの保護フィルムは、貼るときに気泡が入りにくいのも特徴です。

また、何度も貼り直しがきくので、貼るのに失敗しても、やり直すことができます。

 

 

ガラスフィルム

万が一落下してしまった場合、ディスプレイが割れてしまうということがあります。

その点、ガラスフィルムの場合は、割れる可能性を低くすることができます。

ガラスフィルムは高価なものが多い中、こちらの商品は安価なのがうれしいところですね。

 

ケース

 

背面ハードケース

Desire626の背面はマットな処理が施されていて、さわり心地がとてもいいのですが、少し傷が付きやすかったりします。

手帳型のケースまではいらないにしても、大切に扱いたい場合には、このハード素材の背面ケースがよいかと思います。

 

 

手帳タイプカバー

手帳タイプのケースも人気があります。

一番のメリットはカードを収納できるところ。

おサイフケータイの機能を持たない機種の場合、手帳タイプのケースにSuicaなどを入れておけば、改札を通過する際にとても楽ですよね。

こちらの商品はカラーは五種類から選べます。 

 


クリアケース
 

このクリアケースと保護フィルムのセットも魅力的。

とりあえずこのセットを買っておけば間に合っちゃいます。

 

 

 ↓強化ガラスフィルムとカバーのセット。これは安いですね!

こちらもセット商品。

 

 

アルミバンパーケース。各色あり。何かに似た雰囲気を出せます。

金属素材のケースが好きという方もいます。

丈夫なので、もしもの落下の際にも、被害を最小限にとどめることもできます。

こちらの商品はちょっとネタ込みのものですが。

 

カジュアルで個性的な手帳カバー

HTC Desire 626 htc desire 626 手帳型ケース htc desire…

HTC Desire 626 htc desire 626 手帳型ケース htc desire…
価格:3,974円(税込、送料別)

 

 

社外品Dot Viewケース 全7色から選べます!!

HTCといえば、DotViewケースです。

蓋を閉じたまま、時間を確認したり、メールやLINEの通知を表示することができます。

電話がかかってきたときには、そのまま通話することも可能です。

Desire626の場合、DotViewケースが購入時に付属している場合が多いと思いますが、せっかくポップな端末なのに、ケースが地味だなあと思うかたもいるかもしれません。

そんなときには、この社外製のDotViewケースがおすすめ。

7色のカラーラインナップがあるので、好きな色を選べます。

社外品のDotViewケースの特徴として、蓋の戻りがほどよいという利点があります。

どういうことかと言うと、純正品DotViewケースは蓋の締まりが強いんです。

なので、ディスプレイを操作したいときに、蓋を背面に折り返すのが微妙にしづらい。

その点社外品は締まりがないので、楽に折り曲げることができます。

 

 まとめ

こうしてみてみると、保護フィルム、ケース共にそれなりのラインナップがあります。グローバル展開されている機種なので、そういう点では安心ですね。

気になることといえば、対応機種の表示です。

対応機種Desire626・626s・626Gなどといういうように、表記がまちまちです。

以前の記事でも書きましたが、

日本版Desire 626と海外版Desire 626の違い - HTCの故郷台湾でのSIMフリー生活Blog

Desire626にはかなりたくさんのバリエーションがあります。

626sは主にアメリカ向けのモデル

HTC Desire 626s specs

626Gは廉価版モデル

HTC Desire 626G dual sim手機產品規格 - SOGI 手機王

という感じのようなんですが、基本的にサイズは全部同じのようです。

ですが、626sに関してはフロントスピーカー部分のデザインがすこし違うのでカバー等を買うときは注意が必要かもしれません。

 

 

【あわせて読みたい】

htc.hatenablog.com