HTCの故郷台湾でのSIMフリー生活Blog

台湾に在住しつつ、HTCの動向を追いかけるブログ

どこよりも遅い!GoogleNexus9 Wi-Fi32GBモデル(HTC製造)レビュー!!

f:id:master-mercy:20171213131652j:plain

2015年8月に購入したHTC One E9以来2年ぶりにHTC端末を購入しました。

非常に今更感満載のNexus9です。使用感のレビューとなります。

 

Nexus9は2014年11月に発売されたGoogleの8.9インチタブレットです。

製造は台湾HTCが請け負っていて、NexusOne以来の製造ということになります。

 

スペック

OS Android 5.0→7.1.1OS Android 5.0→7.1.1

CPU NVIDIA Tegra K1

サイズ 228.25 × 153.68 × 7.95 mm

質量 425 g(Wi-Fiモデル)436 g(LTEモデル) g

バッテリー 6700mAh

内部メモリ RAM:2GB

Storage:16/32GB外部メモリ なし

外部接続 microUSB 2.0/イヤホンマイク端子

メインディスプレイ方式 IPS方式 ゴリラガラス3解像度 QXGA2048x1536、8.9インチ表示色数 約1677万色

メインカメラ画素数・方式 800万画素CMOSサブカメラ画素数・方式 160万画素

カラーバリエーション インディゴブラック、ルナーホワイト、サンド

 

なぜに今さらNexus9?

以前の記事に書いた通り、今年購入したOnda V919 Air CHが文鎮となってしまったため、後継機を探していたところ、行き着いたのがNexus9でした。

Onda V919 Air CHの購入動機と顛末はこちら↓

Onda昂達V919 Air CHを購入!→文鎮→修理完了→再修理 - HTCの故郷台湾でのSIMフリー生活Blog

この記事で書いた通り、ディスプレイの縦横比が4:3であることが絶対条件であったことと、やはりHTC贔屓としては、一度は通っておきたい思いを捨てきれず購入と相成りました。

 

台湾のオークションで購入

購入先は台湾で最も有名なオークションサイト「露天拍賣」にて。

露天拍賣-台灣 NO.1 拍賣網站

この露天では新品や中古のスマートフォンや、付属品、各種補修の部品などなんでも売っています。

コンビニ宛ての発送など使い方も非常に便利。

日本のオークションよりも、競売より即売という色が非常に濃いです。

 

こちらのオークションにて格安の3600元(約14000円)で出ていましたので、直接店舗に出向いて購入してきました。

 

Wi-Fi版32GBルナーホワイト

f:id:master-mercy:20171213131733j:plain

購入したのは、Wi-Fi版のルナーホワイト。

インディゴブラックはありきたりな感じがしたので、このカラーには満足。

懸念していた、汚れの面も意外に汚くならないのがよいですね。

カバー類を全く使用していなくても、綺麗な状態を維持できます。

 

良い点

・ディスプレイが綺麗

この端末の最も優れているところは、QXGA2048x1536のディスプレイ。

非常に高精細で鮮やかです。

画面の縦横比が4:3ですので、PDF等の書類を閲覧するときに丁度良い塩梅です。

・BoomSoundフロントデュアルスピーカー

タブレットでスピーカー音量が小さいものは非常に多いですが、Nexus9の場合フロントデュアルスピーカーでなかなか大きい音が出ます。

音質はHTCスマートフォンのほうが良い音が出ますが、音量の面では十分です。

悪い点

・カメラが酷い

これは意外でしたが、カメラの性能が非常によろしくないです。

この端末で写真を撮る気にはとてもなりません。

・電源ボタン・ボリュームボタンの押しづらさ

これはもう最初から指摘されている点ですが、ボタン類が最初から奥まっていて押しにくいです。

HTC端末にありがちな点なので、なんとかしてほしいところ。

・Android純正OSがしっくりこない。

やはりNexus9はGoogleの商品であって、HTCの商品ではないです。

なので、HTC Senseが載っていないのですが、これが非常に残念な感じであります。

当然最新のAndroidバージョンに更新されるというメリットがあるのは分かるのですが、Googleにコントロールされている感じが強いですし、人間味と技術屋の思いが伝わってこないですね。

そのへんは、このタブレットが仮にHTC機として出ていたらかなり良かっただろうなと想像します。

・microSD追加不可

このNexus9シリーズでは、最大ROM32GBとなっていてい、現代の端末としては心もとない容量です。

・RAM2GB

これも2017年現在の水準からすると役不足と言わざるを得ません。

これが、3GBRAMだったらかなり違うのですが。

・データ通信必須

これはNexus9に限ったことではないですが、Androidタブレットはデータ通信常時接続じゃないとだめですね。何をするにもオンラインでないとまともに作業できません。

SIMスロットなしモデルを選びましたが、Wi-Fi版はおすすめしません。

・横のベゼルが細い

縦に持つときにちょっと持ちづらいですね。

f:id:master-mercy:20171213131717j:plain

 

というわけで、ざっと良い点、悪い点挙げてみましたが、全体としてはまあまあ満足という評価です。

 

Antutuベンチマーク

参考までにベンチマークを掲載してみます。

f:id:master-mercy:20171213160737p:plain

99616点ということで、想像以上の数値ではあります。

ベンチマークはただの参考ですが、目安にはなりますね。

体感的にはもっと低いイメージです。

 

最後にHTCの初代AndroidタブレットFlyerと。

f:id:master-mercy:20171213150411j:plain

 

【あわせて読みた

htc.hatenablog.com