読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HTCの故郷台湾でのSIMフリー生活Blog

台湾に在住しつつ、HTCの動向を追いかけるブログ

Desire 10 ProはHTC初のDSDS(4G+3G同時待受)対応!!

f:id:master-mercy:20161122172505j:plain

本日11/22、HTCはHTC 10 evo、Desire650を発表しました。

同時にDesire 10 Proの12/1発売とDSDS(デュアルSIM、デュアルスタンバイ)対応を明かしました。

※レビュー記事書きました。

HTC Desire 10 Pro dual sim レビュー!! HTC初DSDS端末 - HTCの故郷台湾でのSIMフリー生活Blog

estore.htc.com

 二か月前の9/20、Desire 10 ProとDesire 10 Lifestyleが発表され、Lifestyleはすぐに発売となりましが、Desire 10 Proの発売日は明かされませんでした。

理由はいろいろあると思いますが、2か月待たせただけの仕上がりにはなっているように感じます。

DSDS(4G+3G同時待受)対応

とにかく、このDesire 10 ProはHTCファン待望のDSDS(4G+3G同時待受)対応となったことが一番のニュースです。

2016年の日本のSIMフリー市場でも、DSDSが非常に大きな流れとなっており、MotorolaのMoto G4 Plusはスマッシュヒットとなっていますし、DSDS対応のASUSのZenfone3も非常に人気になっています。

DualSIM機に春到来。カケホーダイSIMと格安SIMの同時使用可能に! - HTCの故郷台湾でのSIMフリー生活Blog

HTCは相変わらず、世の中の流れというか空気を読むのが苦手なのでこのチャンスを逃していましたが、ようやく対応機種を投入してきました。

 

実は台湾でも死活問題

そんな日本でも話題のDSDSですが、これまで当たり前のようにデュアルSIMを使えていた台湾でも非常に関係のある話題となっています。

台湾の2G GSMサービスが2017年6月30日に停波 | MONOLOG.

詳しくは上記の方のサイトで確認頂けますが、台湾の2Gが来年2017年6月30日で使えなくなります。

よって、これまで使えていたDualSIM機は、4Gか3G+2Gの同時待ち受け端末なので、同時待ち受けとして使用できなくなります。

日本と同じ状況になるということですね。

現に私が使用しているHTC One E9 DualSIMも現在はSIMを二枚刺して使用していますが、来年の7月からは使用できなくなるので、対策が必要です。

このような状況を踏まえても、台湾でもDSDS対応機を出すのは急務でした。

HTCがようやく市場の需要に気づき対応端末を出してきたので、よかったなと思っています。

Desire 10 Pro DualSIMは候補となりうるか

そして今回のDesire 10 Proなんですが、必要事項を非常に押さえた良機の予感がしています。

スペックとしては

尺寸 156.5x76x7.86mm
顯示器 5.5吋, FHD 1080p
連接功能 Bluetooth™ 4.2
Wi-Fi™:802.11 a/b/g/n(2.4及5 GHz)
電池 3000 mAh
處理器 64位元八核心處理器
通信協定 4G LTE™、3G UMTS
主相機 2000萬像素、BSI感測器、 鐳射自動對焦、1080p錄影功能
前鏡頭 1300萬像素、BSI感測器、 1080p錄影功能
系統 Android™ 6.0搭載HTC Sense™
記憶體 總儲存空間:64GB/記憶體:4GB 擴充儲存空間:可支援高達2TB的microSD™ 記憶卡
SIM卡類型 雙Nano SIM卡
音質效果 HTC BoomSound™ 超聲動音響(需搭配耳機)
重量 165公克

というスペックで、4GBのRAMと64GBのROMというだけで十分です。

価格は、12900NTDということで、今のレートだと、45000円弱といったところ。(最近円安なので...)

MotoG4やZenfone3と比較するとスペックもよいと思うので、悪くはないかなと。

 

本日11/22から30まで予約特典付きで、2000NTDの付属品クーポンがつきます。

発売は本日発表のHTC 10 evo、Desire650と同じく12/1です。

 

【あわせて読みたい】

htc.hatenablog.com