読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HTCの故郷台湾でのSIMフリー生活Blog

台湾に在住しつつ、HTCの動向を追いかけるブログ

HTC 10 発表前の情報まとめ powerof10

htc HTC 10

f:id:master-mercy:20160328200707j:plain

HTC2016年のフラッグシップモデルHTC 10の情報が出そろってきた感がありますので、各要素をまとめてみたいと思います。

※4/20追記 レビュー記事あり

htc.hatenablog.com

名称

まず、名称ですが、これまで2012年のフラッグシップモデルOne Xから「One」シリーズという名称が用いられてきました。

また、2013のフラッグシップモデルのHTC One(後にOne M7と呼ばれる)からはM●という通し番号がシリーズ名となってきました。

それが今回は「One M」が排除されシンプルに「HTC 10」という名称になるようです。

ちなみに、なぜ「10」なのか?という話ですが、これはHTCが自社モデルとして発売した代表端末の10世代目という意味があるようです。

昨年のM9の際に、HTC幹部のJeff Gordon氏の発言からそれがわかります。

Sauce

系譜は以下のようになります。

10.HTC 10
9. HTC One M9
8. HTC One M8
7. HTC One M7
6. HTC One X
5. HTC Sensation
4. HTC EVO 4G
3. HTC Hero
2. HTC Dream
1. HTC Touch

ということで、初代は2007年のHTC「Touch」なんですね。

そこから数えて10世代目ということですね。なんと初代はWindowsMobileです(笑)

このHTC Touchには「TouchFLO」というUIが載っかっていまして、そういう意味でも、HTCにとって試金石的な感じがします。

「TouchFLO」はのちに、「TouchFLO3D」としてTouchDiamondに搭載されます。

その後、UIは「HTC SENSE」にバージョンアップします。

初搭載は2009年7月に発売された「HTC HERO」です。ちなみに、同じく2009年9月に発売された「HD2」にもHTC SENSEが実装されています。WindowsMobileなのに。

さて、話が逸れましたが、この「HTC 10」という名称はリーク情報でお馴染みの@evleaks氏、@onleaks氏が明らかにしています。

Evan Blass on Twitter: "You heard it here first:

"HTC 10""

OnLeaks on Twitter: "#HTC #HTC10 https://t.co/3UjnS7wnQ4"

個人的には「One M」が取れることで、今後、他のシリーズ名がどうなるのかも気になるところです。

「One A」「One E」「One X」などの名称も変更されるのでしょうか。

 

外観

f:id:master-mercy:20160307203313j:plain

外観もこれまでのアルミボディが踏襲されます。

目立った特徴としては、背面の角が直線的なデザインになっていることです。

持ち心地がどのような感じなのか気になる部分です。

イヤフォンジャックは今回は筐体上部の中央に配されます。

また、USB端子はmicroUSBtypeCが採用されています。

www.eprice.com.tw

 

カラーはCarbon Gray、Glacier Silver、Glacier Silver、Topaz Goldという4色展開。

 

 

ディスプレイ

ディスプレイサイズはM9は5インチでしたが、HTC 10では5.15インチの2K液晶が採用されるようです。

A9ではAMOLED液晶でしたが、HTC 10ではSuperLCD5という液晶が採用されるようです。

 また、今回のHTC 10は、オンスクリーンキーではなく、静電タッチキーを使用しています。

One X9でもそうでしたが、今後もこの流れなんでしょうか?

センターには指紋認証兼ホームボタンがあります。

A9と同じように、押し込む物理ボタンではなく、静電タッチボタンです。

 

SoC・RAM・ROM・OS

SoCはsnapdragon820が搭載されます。

今年の各社のフラッグシップモデルに順次採用されているので、順当ですね。

Phonearenaの情報によれば、Antutuベンチ―マークにおいて、同じく820を搭載しているXiaomiMi5やGalaxyS7を大きく上回る156091をマークしている模様。

HTC (M)10 seen in the flesh, blazes through AnTuTu leaving the competition behind

そして今日入った情報によると、中国大陸版にはSoC・RAM・ROMに3種類のバリエーションがあるなんていう情報も出ています。

最高搭 128GB ROM,HTC 10 將有三種規格版本? - 手機新聞 | ePrice 比價王

低価格機はS652でRAM3GB・ROM16GB

標準機はS820でRAM3GB・ROM32GB

高価格機はS820でRAM4GB・ROM128GBという情報です。

これは正しいかどうかは不明ですが。

あと、snapdragon820に関しては最近の話題は4GLTE+3G (W-CDMA)音声通話の同時利用/同時待受が可能らしいというのが盛り上がりを見せているわけで、万が一HTC 10にDualSIM版が出るようなことがあると、なかなか面白い展開も期待したいですね。

 

システムに関しては順当にAndroid 6.0.1Marshmallow with Sense 8_GPが搭載される見込み。

 

カメラ

f:id:master-mercy:20160328201419j:plain

カメラに関しても多数のリークがされています。

HTC自身「Cameras10」として、ワールドクラスのカメラを搭載していることを匂わせています。

HTC - World First, World Class, Front and Back. You’ll... | Facebook

今のところの情報ではリアに1200万画素のultrapixel、フロントにも500万画素のultrapixelカメラを搭載している模様。

レーザーフォーカス・手ぶれ防止・F1.9ということのようです。

HTC One M10

 

スピーカー

個人的には一番気になるスピーカーです。

M7以降のフロントステレオスピーカーをやめて、筐体下部にシングルスピーカーを搭載しているように見受けられます。

しかし、これもまた「Audio10」というキャッチコピーのもと、新たな「BoomSound」を搭載している模様。

これまでの物より退化していないことを願うばかりです。

HTC - Here comes the new boom. You’ll hear it. #powerof10 | Facebook

 

発表・発売日

最後に発表・発売日ですが、今回はインターネット中継での発表らしく、2016年4月12日20時から発表のようです。

そして発売はその3日後の4月15日から。

価格は22,900NTDから24,900NTDの間と予想されています。日本円8万円くらいですね。

 

 いずれにしても、例年以上に時間をかけて開発してきたというか、慎重な感じがするので、ちょっと期待しています。

台湾専売店にて発売次第、偵察に行ってみたいと思います。

 

【あわせて読みたい】

htc.hatenablog.com