読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HTCの故郷台湾でのSIMフリー生活Blog

台湾に在住しつつ、HTCの動向を追いかけるブログ

HTC Desire 628 レビュー!! 日本導入が期待されるもう一つのDesireエントリーモデル。

htc SIMフリー 端末レビュー記事

f:id:master-mercy:20160621114737j:plain

2016年5月30日より台湾にて発売開始となっているDesire628をレビューしてみます。

一言でいうならDesire626をブラシュアップさせたモデルです。

 

HTC Desire628の概要

このDesire628もそうですが、2016年度のHTC Desireシリーズは不思議な構成になっています。

5インチのDesire530・5.5インチのDesire825はSplashカラーの新しいコンセプト。

5インチのDesire628・5.5インチのDesire830はDesireEYEのイメージを継承したキープコンセプトという感じです。

 

スペック

OSAndroid 5.1  HTC Sense7.0
ディスプレイ 5インチHD (1280 x 720ピクセル)
プロセッサ MediaTek MT6753, 1.3GHz 8core
RAM 2GB
ストレージ 16GB (microSD対応)
背面カメラ 1,300万画素 F2.0 / 28mm, AF 
前面カメラ 500万画素、F2.4 / 28mm
バッテリー 2200mAh
重さ 142g
寸法 146.9 x 70.9 x 8.19mm
オーディオ HTC BoomSound  フロントステレオスピーカー
対応バンド Cat. 4 LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/20/28/38/40/41
SIMスロット SingleNanoSIM

 

Desire530とDesire626との比較

530628Desire626
ディスプレイ 5インチ (1280 x 720ピクセル)

5インチ (1280 x 720ピクセル)

5インチ (1280 x 720ピクセル)
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 210, 1.1GHz

MediaTek MT6753, 1.3GHz 8core

Qualcomm Snapdragon 410, 1.2GHz
RAM 1.5GB 2GB 2GB
ストレージ 16GB (microSD対応) 16GB (microSD対応) 16GB (microSD対応)
背面カメラ 800 万画素、F2.4

1,300万画素 F2.0 / 28mm

FullHD録画対応

1300 万画素、F2.2 FullHD録画対応
前面カメラ 500万画素、F2.8 500万画素、F2.4 500万画素、F2.8
バッテリー 2200mAh 2200mAh 2000mAh
重さ 140g 142g 140g
寸法 146.9 x 70.9 x 8.3mm 146.9 x 70.9 x 8.19mm 146.9 x 70.9 x 8.19mm
オーディオ HTC BoomSound (イヤフォン装着時のみ)

HTC BoomSound  フロントステレオスピーカー

BoomSound非対応
対応バンド FDD:B1/3/5/7/8/28 Cat. 4 LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/20/28/38/40/41 FDD:B1/3/5/7/8/19/28
SIMスロット SingleNanoSIM SingleNanoSIM SingleNanoSIM

 

 

SoCがMediaTek製であることを除けば、全ての面においてDesire626よりも優れていると言えます。

 

Desire628の外観

f:id:master-mercy:20160621114729j:plain

このDesire628の特徴としては、OneX9のフロントスピーカーのデザインを継承していることや、DesireEYEの色使いに似た部分を持っていることです。

Desire830でも同様の手法をとっており、628と830はサイズ違いの兄弟機と言えます。

Desire830についてはこちら。

HTC Desire 830 レビュー!! Desire主軸機種は完成度高し。 - HTCの故郷台湾でのSIMフリー生活Blog

このDesire628は、日本でも発売されているDesire626の後継機という見方もできます。

626同様に光沢のあるプラスチックボディを採用しています。

背面のデザインはEYEと同様の縁取りをカラーリングしているセンスのよいものです。

f:id:master-mercy:20160621114746j:plain

f:id:master-mercy:20160621114753j:plain

カラーは写真の白ボディに青ラインのモデルと、黒ボディに赤ラインという二種類がラインナップされています。

f:id:master-mercy:20160531184741j:plain

 

システム

f:id:master-mercy:20160621114810j:plain

このDesire628のOSはAndroid5.1です。

この時期に発売される最新機が6.0ではないのは、いささか残念な気もしますが、これにはどうやら理由がありそうです。

私が使用しているE9もそうですが、MediaTek製のSoCを使用しているHTC製Android端末の多くがAndroid6.0のアップデートが来ていません。

※OneX9など一部例外もあり。

どうやら、MediaTek製SoCはsnapdragon搭載機よりもOSアップデートが遅れる傾向にあります。

なので、価格の安さにひかれてMediaTek製SoCを買うのには注意が必要です。

 

そしてこのDesire628は2GBのRAMと16GBのROMを搭載しています。

実はこのDesire628はインドにて先に発売になっていて、台湾版は仕様違いのモデルになります。

HTC Desire 628 dual sim | Desire Smartphone | HTC India

インド版との違いはRAMが3GB→2GB、ROMが32GB→16GB、DualSIM→SingleSIMというように、大幅なダウングレードとなっています。

おそらく市場の違いでこのような差をつけているんでしょう。

インドではこのDesire628を主軸で使っていこうという思惑を感じます。

逆に台湾版では、価格をなるべく抑えてエントリーモデルに徹した感があります。

もし日本に導入するとなると、Desire626の例をみると台湾版が来そうな気がします。

5インチHD液晶の端末を売るとしたら、2万円前後でないと今更売れないので、インド版は厳しいでしょうね。

とはいえ、台湾版のスペックでは、他のエントリーモデルと戦っていくのもちと厳しいとも思います。

この端末の操作感自体はいたって普通というか、順当に仕上がっていて合格点でした。

 

スピーカー

このDesire628においても、最も評価できる点は、フロントステレオシングルスピーカーです。

Desire626で話題になった、フロントステレオスピーカー風シングルスピーカーではなく、きちんと二つのスピーカーから音楽がステレオで流れます。

私はこの点をとても重視しているので、このアップグレードは非常に評価できるポイントです。

 ※9/13追記

コメントでご指摘いただきました通り、もう一度確認したところシングルでした。

訂正しお詫び申し上げます。

community.htc.com

価格

Desire628の定価は5990NTD(日本円で約20,000円)ということで、昨年のDesire626よりもだいぶ安い感じがします。

さらに安いDesire530が4990NTDなので、約3300円でこのスペック差を購入できるなら結構いい買い物かなと思います。

 

まとめ

今回のDesire628はデザインとスピーカーがウリのモデルかなと感じました。

スペックよりも価格重視で購入するなら十分に有りな選択肢だと思います。

 

【あわせて読みたい】

htc.hatenablog.com